東恩流空手の基本

大阪東恩流が名前を変えて東恩会に変えて活動しているようであるが、

本来であれば、東恩はこちらで商標登録を取得しているから東恩会で出したいならこちらの許可が必要となる。それを無断で出しているので商標権の侵害にあたる。警察官でありながらそのような違法行為を平気でするようなならずものである。このような常識のない輩に東恩流の型を教えたことを大変、後悔している。

東恩流空手の基本

先日の出来事で東恩流のメンバー全員が意識が変わってきていることは間違いない。将来が楽しみである。人間性のないものに教えてもまったく上達は見られないが、素直な人間に教えるとこんなに上達が早くなるということが実感できた。こんな嬉しいことはない。

東恩流空手の基本

東恩流の基本動作の中で肘が脇から離れて突いた場合、威力が半減するため、東恩流では基本ができてないとみなして突きだけの稽古をさせます。空手の基本はやっぱり突き、蹴り,受け、掛け手です。突きや蹴りもできないのに投げ技や関節技に入ること自体が滑稽に感じる。突きや蹴りには完ぺきはない。永遠に求め続けることが東恩流空手の醍醐味である。

先週の東恩流空手の稽古

基本をやればやるほど、自分の体の部位の力関係が分かってくる。口で説明してわかるようなものではないことが分かった。これが分かってくると基本稽古の面白さが倍増する。

先日の東恩流空手の稽古(基本)

どんな立ち方でも全身に力の入る立ち方をしないと納得のいく突きができない。人によって力の入る立ち方が微妙に異なる。きれいに見える形が威力のある突きを出せるわけではない。体幹のバランスだけでなく、全身部位の角度、方向にも関係してくる。